fc2ブログ

黒猫の隠れ家

ほぼ銀魂 と 銀土。時々乙女ゲーとかBASARAなどのゲームもやってます。カーニヴァル、Free!、進撃など、アニメ記事もちょこちょこ。銀土、マコハルの相合傘設置応援してやってください☆

WJ9 銀魂感想


鈍篇→読切を挟み、、今号から少し連載話。
ネタバレしてます。ご注意の程★




第四百三十一訓 一杯のラーメン

今回の連載は、北斗心軒が舞台の
幾松メインストーリー(●´∀`)ノ 

ある大晦日の夜、みすぼらしい男が頼んだのは
年越しそばではなく、一杯のラーメン。


「こんなにたくさん食えねーな」

男はラーメンを小皿にとりわけ、幾松と、今は亡き旦那に
ふるまい、自分のラーメンをむさぼるようにたいらげると、
寒い夜道の中、お腹を鳴らしながら帰っていった・・・。

その男は、翌年もその翌年も大晦日の晩に来て、
同じように一杯のラーメンを2人に振舞った。
旦那は黙ってラーメンを3つに分け、そのうちの一つに
ありったけのチャーシューを乗せて男に出し、
黙って一緒に汁だけのラーメンをすすっていた。

これが北斗心軒の、一年を締めくくる毎年恒例の行事。
自分に何かあった時は、この行事を引き継いで
欲しいと幾松に頼んだ旦那・・・。
何か予感めいたものでもあったんでしょうか>< 
このラーメンが、旦那の作った最後のラーメンになり、
そしてこの年以降、その男も大晦日に来なくなりました―。

それでも幾松は旦那の遺言を守り、大晦日は
ありったけのチャーシューを用意しています。
男がまた現れてもいいように、、、


ってイイ話してたんですけどね、、、

コイツら聞いちゃいねぇ(;´▽`lllA``


あれ以降、来なくなった男を気にかける幾松に、
それはいらぬ心配だと言うヅラ。
あ、ヅラもいたんだね(´・∀・`)久し振り~^^

顔を見せなくなったのは、むしろ朗報だと。
「きっと今は生活が落ち着き、ラーメンではなく、
御節でも振舞える相手ができたんだろう」

ここでやめとけばよかったのに、、

「もしくは幾松殿が店を継いでラーメンがマズくなっ・・・」

「ヘイそば一丁」
思いきりソバぶっかけられました~(お約束)
にしても。これ読んで麺類食べたくなったの私だけ?



店を出た4人。自称ツキが来てる銀さんは、さっさと
バクチに繰り出したいのに、引き止めるヅラ。

さっきは幾松の手前あぁ言ったけど、銀さんもヅラも、
男は既に死んでいると思ってます。
世の中が甘くない事を、2人は思い知ってるのかな><、

男は最後に来た日に、店に頭巾を忘れて帰ってしまい、
その事も幾松が気にしてする理由のひとつ。
その頭巾はボロボロだけど、かなりの上物。
みすぼらしい身なりの男が身につければ、目立ったハズ。

これを手がかりに捜せば、男が見つかるかもしれない。
ハッキリ言わないけど、幾松の為に何とかしたいヅラ。
そんな旧友の肩を抱き、銀さんは、、、

「ヅラお前ひょっとして幾松と〇〇〇(ピー)までいった?」
↑最悪ww 

「はああぁぁぁああ!?なっ・・・何をハレンチな事を
恥をしれい!!(;;`Д´;) 」

「そういう事なら早く言えよ~~~~~
キューピッドなら格安でうけ負うのによ~~~~」
「誰がそんな事を頼んだ!!」
ここぞとばかり、からかう銀さんです^^;
 
「とぼけんじゃねーよ。オメーの好みは熟知してんだよ。
昔っから人妻好きだもんなお前。そういやガキの頃
最初に惚れたのも近所の未亡じ・・・」

銀さんを黙らせる為、刀を突き出すヅラ^^;

「それ以上武士を愚弄してみろ。たとえお前でも
斬り捨てるぞ。俺が好きなのは人妻などではない、
NTR(ネトラレ)だ!!
「よっぽど武士らしくない性癖暴露してますけど」←新八

旧友(悪友)2人の会話にニヨニヨ。
ヅラの初恋?が未亡人って初耳w 

ただ、旦那から引き継いだものを、旦那と約束した一杯の
ラーメンを、もう一度その男に食わせてやりたいだけだ。

「奇特なこって。恋敵との約束護らせるために一肌脱ごうってのか」
「残念ながら恋敵などではない。そしてなれるものでもない」

「幾松殿の瞳には一人の男しか映っていないのだから」


ちょ、、、、。ここ管理人脳内、思わずシーンとなりました。
これまでも何となく匂わせてたとこあったけど、
でもここまで決定的じゃなかったですよね。このセリフで、
ヅラの幾松に対する想いは真剣なものだと確定したというか。
史実では、幾松は桂の奥さんになる人だから、
史実ネタを少し取り入れる為なのかもしれないけど、、。
やー、なんていうか銀土好きの管理人からすると、
脳内にNLという名の冷や水かけられたといいましょうか。
うまくいえないけど、ギクッとなった;;;
ヅラ絡みの腐CP好きさんはショックだったんじゃないかと・・・。
もしこれ銀さんが同じような展開だったら、、、、
想像するだけでショックで寝込みそう←どんだけ


と、思わず脱線(;´▽`lllA``


結局なんだかんだと、男捜しに協力する事になり^^
頭巾の店を捜すのと、男を知ってそうな人達=ホームレス に
話を聞きに行く2手に別れ、情報を集めることに。

頭巾の店捜し→新八、神楽
ホームレス→銀さん、ヅラ
この組み合わせになりました★



「お初にお目にかかる!!」

「桂クズ太郎と申す者、以後よろしく頼む!!
気安くクズラと呼んでくれ!!」
クズラww
にしても、テンション高いホームレスだなオイ(;´▽`lllA``


「そしてこちらは拙者の相棒のクズ田・・・」

蹴られたw
ホント銀さんてヅラと辰馬には、ツッコミの
容赦ない度5割増だよね^^;


ホームレスらしくない熱血クズラと違い、死んだ魚の目のクズ田は、
俺達と同じ目をしてる!って、ホームレス達歓迎ムード(笑)
宿無しの事は宿無しに聞くのが一番と、彼等の警戒心を
解くため、ホームレスのカッコしたわけなんですが。

「まさか一瞬にして解け込むとは。流石はクズ時」
「嬉しくねーんだよ!!」
クズ田クズ時www

「こんな事なら新八達と、頭巾の店捜しにいくべきだった」
後悔してる銀さん萌(*´ェ`*)


宿無しの事なら、事情に詳しい「かみさま」に会うといい、と
教えてもらった2人。かみさまとは、ここら一帯の宿無しを
とり仕切るダンボールの長で「紙さま」と呼ばれてます。
そっちのカミかよww

ちょうどそこへ渦中の人物、かみさま登場・・・!

え。かみさまて、、長谷川さんんn!?(#゚Д゚)!!
(管理人脳内、“ダンボールの神様”が再生)

まさかの武蔵とツーショット~!
良かったねGさん(●´∀`)ノ



長谷g、、かみさまの言葉を通訳するのは武蔵。
「オイその通訳やめろ。お前バリバリメイドインジャパンだろ」←銀

かみさまの言葉を訳すと。
“この者達は災いをもたらす。即刻、楽園(エデン)から排除しろ”と。

「災いの語源みたいな奴にいわれたくねーよ」
魂すごやってるからかココ激しく同意←
「ねェ何回でも言うよ、何やってんのいい年こいて
こんな所で何やってんの長谷・・・」

ゴニョゴニョ
訳:その「ハセガワ」という死の呪文を唱えるのをやめなさい。
「てめーの名前だろが!そして直接しゃべれ。ハラ立つんだよなんか」
死の呪文てwwでも似たようなもんかも←ォィ

ここ楽園(エデン)は外界の常識は通じない。
全てを解脱した者達が集う別世界なのです・・・!

「あっそ。もう長谷川さんでもかみさまでもいいや。どっちもカスだし。
あのさっこの辺でこの頭巾をかぶっ「答えられません」

ゴニョゴニョ
訳:ここにいる者達は外界の一切から解脱した真の自由人。
他所者(ヨソモノ)にそんな事話すワケがないでしょう。

ゴニョゴニョ
訳:どうしても我々の仲間になりたいというのであれば、空き缶30袋、
コンビニの廃棄弁当60個を私に供物としてささげなさい。
銀さんキレる寸前(;´▽`lllA``

この楽園は外界で最底辺だった人間こそが
頂点に君臨できるのです・・・!

ゴニョゴニョ
訳:フハハハハハハ!!
「笑い声位てめーでやれや!!」


その時、高笑いするかみさまの横っ面に酒瓶が・・・!
「訳:ぐっはァァァァ!!」
ダメージまでゴニョゴニョ通訳とかどんだけw

酒瓶をぶつけたのは、この公園の西側を占拠する
武闘派ダンボール集団(グループ)!
この集団は西組と呼ばれ、暴力による支配で急速に
ダンボール勢力図をひろげる振興勢力。


ゴニョゴニョ、、、←さっきの酒瓶で瀕死のかみさまw
訳:帰れ貴様ら!!ここは自由の楽園だ!!
幾ら来た所で明け渡さんぞ!!

ここで武蔵、瀕死のかみさま踏んづけちゃってます^^;

「暴力には屈さん!!わしらが膝を屈するのは
ダンボールの上だけだ!!」
かみさま既に暴力に屈してますヨ~・・・(;´▽`lllA``
しかも通訳のハズの武蔵が直しゃべりw


で、実は。ホントのかみさまは、、、
武蔵だったんです!(´・∀・`)

長谷川さんは、かみさまの横で何か
ゴニョゴニョ言ってる人・・・(;´▽`lllA``


2つのホームレス集団が対峙する緊迫ムードの中―
西組から1人の男が登場。


「懐かしい顔が見えるじゃねーか。
やっぱりてめーもここへ来たか」

管理人、バナナに吹きました。 ヅラ→みかん、銀さん→リンゴ
で、コイツはバナナかよ!って(´・∀・`)


「きっ・・・貴様はっ!!」←ヅラ

あははははh・・・・!!!ここ激しく萌えww
「打ち合わせでもしてんのか!」って思うくらい
絶妙のコンビネーションwww


さて、コレ誰かわかりますか?
管理人脳内も「誰だっけ??」だったんですが、、
この男は幾松の義弟、、つまり旦那のクズ弟で、、、

名前なんだっけ←

まぁそんなわけで、当事者のヅラも忘れてるんだから
ほとんどの読者が忘れてても仕方ない仕方ない。
(※コミックス7巻 第55訓より)って説明書きが
書いてあるのに吹きましたw親切^^

ゴニョゴニョ←ヅラ
訳:そうか。カリン塔であいまみえたお前がまさか
サイボーグになってまい戻ろうとはな。
「それ桃白白(タオパイパイ)だろーが!!」

ブハッ・・・!なっつかしー!桃白白ww
そういえば、サイボーグになってリベンジとか
あったな~、で、あっさりやられるんじゃなかったっけ。


幾松の義弟は、あれ以来ヅラと幾松に復讐する
機会を待ってました。そしてようやくその時が来た・・・!

「お前もあの男を捜しにきたんだろ」

義弟はあの男の正体を知っていました。
それだけじゃなく、毎年ラーメン屋に通っていた事も、
生前の兄貴があの男をここで必死に捜し回っていた事も。


あの男の正体とは・・・???
ここで場面は、頭巾の店を捜す新八と神楽へ。


「錦屋」というかなり大きなビルの反物屋で、頭巾の情報GET!
この頭巾は売り物じゃなく、錦屋の旦那の物で、
旦那はよくこれを巻いて外出していたんだとか。
でも、既に20年前に亡くなっていました。

錦屋は、旦那と女将が貧しい時代を乗り越え、一代で
築いた反物屋。ようやく店を興した頃に旦那が亡くなり、
それからは女将が女手一つで店を大きくしたんですが、
その女将も娘を残して6年前にお亡くなりに。

その娘は結婚したものの、嫁ぎ先で旦那も亡くなり、、、
だから例え覚えていなくても、父の形見の頭巾の事は
きっと喜ぶでしょう、と。


「さて、それはどうかな」
「?」

「勝手に頭巾もちだされて、しらない所でコソコソ
嗅ぎ回られたんじゃ、優しいお嬢様も怒るかも」

「な~~~んてね」

幾松が出前を届けに!
この幾松すごい可愛い(*´∀`*)



場面はまた銀さん達へ。

義弟は全部知っていたんです。幾松が錦屋の一人娘
だということも、頭巾の男が幾松の父親だということも。

幾松に復讐する為に、ここにいるだろう幾松の父を
捜し出して殺す・・・それが義弟がここにいる理由でした。
ってことは、幾松の父はまだ生きている・・・!?



432訓に続く。


更新の励みになります^^
よかったら押してやってください↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 



義弟、ここまでクズだといっそ清々しささえ感じますな(´・∀・`)
で、義弟の名前なんだっけ?って思ってて、毎月のTOPに
載せる、銀魂キャラ誕生日を調べるから、ついでに名前も
調べたところ、名前が分かりました。

義弟の名前↓↓
幾松の義理の弟

名前・・・?

ちなみに。誕生日も決められてなかった^^;
どうでもいいキャラにも設定あるのにな。

関連記事
スポンサーサイト



web拍手
【 2013/03/02 】 L 2013 WJ銀魂感想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

黒 猫

Author:黒 猫
銀魂 と 銀土 大好き腐管理人。

銀土のお絵描きしたり
銀土でトモコレしたり
銀土中心に世界が回ってます。
Free!のマコハルも大好きです☆

管理人絶賛応援カプ❤
相合傘ブログパーツ
応援乙女ゲーサイト
名前を覚えて成長します^^
応援よろしく^^*
にほんブログ村 イラストブログ BL版権イラストへ
blogram投票ボタン
素敵同盟&素敵サイト様
★土方受同盟 ぱっつち同盟。 ▲銀土漫画&小説サイト様 ▲優しい色合いのイラストサイト様 ▲素敵銀土小説サイト様
myバナー(相互様募集^^)